装幀はメタ倫理学入門に続き宮川和夫さんです。3月17日発売。
熊本「市」が犬猫の殺処分ゼロになったお話は割と知られていますが、今回は熊本「県」の動物愛護センターのお話(ノンフィクション)です。
動物愛護の観点からももちろんですが、硬直した職場で難儀をする若い女子のお話という意味でも胸にせまります。いろんな思いが詰まった表情を描けるといいなと思いました。
今回は初めてのがっつり水彩風タッチに挑戦してみました。
杉本彩さんの帯と帯文も美しいです。
★Amazonのサイトはこちら
http://amzn.to/2EqHeeb
(編集者さんよりこちらを貼ってくださいとのことでした)